Birderから

Birder仲間のブログです

 

 

[Admin]
2008
12/16
霜柱を踏みしめながら
凍えるような谷戸の湿地で、探索しているとルリビタキの声と共に、霜一面の枝に出てきてくれました。遠くには雌雄の判別が付かないベニマシコの声と姿がありました。

ルリビタキ♀
太陽が昇ってきた頃、昨日の雨で狩りができなかったのかノスリも出てきてくれました。
ノスリ
反対側に飛んでくれたら抜けたバックだったのですが、残念ながら込み入った側でした。
ノスリ

ノスリが去ったら、直ぐにオオタカが飛んでくれました。
オオタカ

場所を変え、黄色い鳥さん狙いでしたが、又もや振られてしまいました。
代わりの黄色い子は、黄金のテンでしたが、後ろ足を怪我しているようで引きずりながら歩いていました。イタチも写したことがありますが、可愛さはこの子の方が上ではないでしょうか?
頑張って生き延びて欲しいものです。
テン
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME »