Birderから

Birder仲間のブログです

 

 

[Admin]
2008
09/19
鳴かぬなら・・・不如帰
地元の湖畔の桜の木に、周辺で托卵しているホトトギスが顔を出すようです。
カラスや猛禽がいるので、神経質になっており毛虫を2・3匹食べては奥の林の中に入ってしまいます。

エナガが集団で時折廻ってきます。
エナガ

この日は暑かったので、口を開けて喘いでいました。300mm手持ちでしたのでピンボケです。
ホトトギス

朝日に照らされていますが、ツツドリに比べると、虹彩の色が出にくく黒目が大きく見えるのが、ホトトギスの特徴の一つになると思うのですが、いかがでしょうか?
ホトトギス
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME »