Birderから

Birder仲間のブログです

 

 

[Admin]
2014
11/28
カリガネ 最終編
数が少ないために今までなかなか見ることができなかったカリガネでしたが、今回は意外と簡単にしかも沢山みることができました。数が増えたのか、場所が良かったのか、群れで渡ってきたばかりの分散する前であったためなのか、とにかく沢山見ることができました。鳥見は場所、時期がポイントだなと改めて感じたカリガネ撮りでした。

ここに15羽確認できます
顔を確認できない個体や、画面の左にも居たので30羽位はいたような気がします
IMG_4664aカリガネ群①

画面を4分割、トリミング拡大してみました
左側、5羽 
IMG_4664bカリガネ群②

左から2番目、4羽
IMG_4664cカリガネ群③

左から3番目、5羽
IMG_4664dカリガネ群④

右側の離れた場所に1羽
IMG_4664eカリガネ群⑤
2014
11/26
カリガネのアイリング
カリガネの特徴は何と言っても黄色のアイリング。アイリングがはっきり分かるように大きくトリミングしてみました。

黄色のリングが愛らしさを引き立てます
IMG_4145aアイリング①

IMG_4189aアイリング②

IMG_4190aアイリング③

マガンのなかにも稀に黄色のアイリングがある個体が居るようです
この2羽には黄色のアイリングが確認できます、特に右の個体ははっきりした黄色のアイリング
カリガネを探す時の第一のポイントは黄色のアイリング、この黄色を見た時はてっきりカリガネと思って撮りましたが改めて見直したところ、嘴の形や顔の白い部分から判断するとマガンのようです
IMG_3832aアイリング④

マガン(左) と カリガネ(右) の主な違い
黄色のアイリング……カリガネにある
顔の白い部分……カリガネの方が広く頭頂部近くまで広がっている
嘴……カリガネの方が短い
IMG_5157aアイリング⑤
2014
11/25
待望のカリガネ
今季、二度目の伊豆沼、目的はカリガネ。伊豆沼付近では運が良ければマガンの群れに1羽~数羽見られるかもしれない程の難しさ、マガンは警戒心が強く車ででもなかなか近寄れず、遠くからスコープや双眼鏡で探すしかないのですが鳥に重なっていたり後ろ向きであったり寝ていたり……カリガネの特徴である黄色いアイリングはなかな確認できず、何百、何千羽のなかから探し出すのは気の遠くなるような話ですが慣れている人はこのような状況でも探し出すことができるようです、しかし、私にとっては不可能。今回はカリガネを見ることができる確率が高いとされる伊豆沼から10kmくらい離れた場所を教えていただき重点的に回り待望のカリガネを見ることができました。最初はマガンかなと思い双眼鏡で見ても黄色のアイリングは明瞭でなく撮影してはじめてカリガネとわかり感激。

多分、カリガネの家族
周囲にはマガンの群れも居ず、この6羽のみ、距離は100m強 7D+400mm ノートリ 
IMG_2657aカリガネ一家①

IMG_2761aカリガネ一家②

6羽が最も密集したとき
IMG_3051aカリガネ一家③

ひとしきり採餌、休息し遠くへ飛び立ち
IMG_3109aカリガネ一家④

かなり遠くのマガンの群れが居る場所に降りる
IMG_3128aカリガネ一家⑤
2014
11/22
ハッカチョウの飛翔
ハッカチョウは黒くて地味な鳥ですが、羽に白い部分があり、飛んでいるときは
綺麗です。電線に止まっていたハッカチョウが、青空に向かって飛び出しました。

飛び出したハッカチョウ
ハッカチョウ飛び1

羽の白と黒が綺麗です
ハッカチョウ飛び2

ハッカチョウ飛び3

青空を飛んでいます
ハッカチョウ飛び4
2014
11/20
市街地のハッカチョウ
大きなビルが立ち並ぶ街にハッカチョウがいました。街に川が流れていて、餌が
獲りやすいからでしょうか。電柱や電線に止まっていました。逆光でよく見えなかった
のですが、イソヒヨドリもビルの上にいました。海からは随分遠いので驚きです。

電柱の上のハッカチョウ
ハッカチョウ2

電線も好きなようです
ハッカチョウ3

木にも止まって
ハッカチョウ1

イソヒヨドリだと思います
イソヒヨドリ
2014
11/17
川のコガモ
秋も深まり、いつもの散歩道でコガモを見ることができました。雄と雌がいましたが、
まだ子供のカモでしょうか、雌と色合いの違うカモもいました。

雄のコガモが泳いでいました
コガモ雄

雌のコガモです
コガモ雌

子供でしょうか
コガモ子
2014
11/11
朝日に包まれたマガンたち
この日快晴なるも無風状態で山の上は雲に覆われていて太陽が顔を出したのはかなり遅くなりました。それでも柔らかな黄金色に包まれたマガンやオオハクチョウたちが何となく神々しく見えました。


IMG_0996a黄金①

IMG_1021a黄金②

IMG_1063a黄金③

IMG_1068a黄金④

IMG_1070a黄金⑤
2014
11/11
朝のマガン
早朝、マガンが塒としている伊豆沼から餌場に向かって一斉に飛び出す様は圧倒的、できれば背景が日の出直後の赤い太陽であれば言うことなしなのですが簡単には撮れないのが現実。

日の出19分前 この頃からかなりの数のマガンが群れで飛んで行く
IMG_9055a朝①

16分前 最初の大群が飛び出してしまった
IMG_9068a朝②

14分前 二つ目の大群が飛び出してしまい沼に残る数は少なくなってしまった
IMG_9143a朝③

2分前 残っていたマガンも飛び始める
IMG_9242a朝④

この日、お日様はスッキリとした姿を現したのに肝心のマガンの大部分は飛び去った後
IMG_9278a朝⑤
2014
11/11
マガンを見に
マガンを見たくて宮城県伊豆沼付近へ行ってきました。
日の出の赤い太陽を背景にしたマガンの群れの様子を撮りたくて今年も行ってきましたが、肝心な時に雲に邪魔されていたり、日の出はクッキリとしていたのにマガンは日の出前に飛び出したりと旨い具合には撮れませんでした。また、見たかったカリガネも探すことができなかったし、シジュウカラガンの群れも確認できなかったのでもう一度行かねばと思っています。

殆どのマガンは飛び去った早朝の伊豆沼
IMG_0095a朝①

マガン
IMG_0591aマガン②

ハクガン マガンの群れと共に行動
IMG_1776aハクガン③

シジュウカラガン かなり入っていると聞きましたが見たのは1羽だけでマガンと行動
IMG_8937aシジュウカラガン④

ミラクルムーン
旧暦では、8月15日の十五夜と9月13日の十三夜が名月と言われていて通常は名月は年に2回。今年は珍しく9月が2回(通常の9月と閏9月の2回)あるために十三夜が2回となり、名月が3回となりました。このことは非常に珍しく171年ぶりだとか。11月5日20時7分撮影
IMG_0850a月⑤
2014
11/09
紅葉にシラサギ
コサギは、いつもは川の中にいて魚を探していますが、たまたま桜の木に
止まってくれました。紅葉の赤とコサギの白の組み合わせが楽しめました。

桜の木に止まったコサギ
コサギ1

鳴いています
コサギ2

姿勢を正して
コサギ3

コサギ4

曇り空でした
コサギ5
2014
11/05
柿にメジロ
枯葉が落ち、いつの間にか秋が深まっていました。柿の実も日ごとに数が少なく
なっています。残りわずかな柿の実に、メジロがやってきました。

柿の木に来たメジロ
柿にメジロ1

実のところへやってきました
柿にメジロ2

蜜を吸って
柿にメジロ3

柿にメジロ4

柿の実を咥えています
柿にメジロ5
2014
11/02
バンの親子
近所の公園の池に、バンの親子がいました。この池は自然さはありますが、水面は
綺麗ではありません。バンの親子も一瞬姿を見せましたが、すぐに茂みに隠れてしまいました。

バンの親です
バン1

子もいました
バン2

親の後を追って
バン3

直ぐに隠れてしまいました
バン4

 » HOME »