Birderから

Birder仲間のブログです

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
10/31
ピラカンサの池と小鳥たち
ピラカンサの赤い実も、カワセミが止まると一層綺麗に見えますが、ピラカンサに
来る鳥はカワセミだけではありませんでした。オナガが赤い実を食べたり、コサギも
赤と白で綺麗でした。池でもオオバンやカイツブリが遊んでいました。

オナガも赤い実が大好きです
ピラオナガ1

オナガは高いところに止まります
オナガ

コサギの白さが目立ちます
コサギ

モズも来て
モズ

綺麗な池でオオバンが泳いでいました
オオバン

カイツブリが魚を獲らえて
カイツブリ
スポンサーサイト
2011
10/30
ピラカンサとカワセミ
ピラカンサの赤い実と、カワセミの翡翠色がよく似合うようです。カワセミが
ピラカンサに止まる理由が分からなかったのですが、そのうちに池に向かって
突っ込んでいきました。ピラカンサに止まって池の魚を狙っていたようです。

ピラカンサの赤い実に囲まれて
ピラカワ1

この小さな枝から飛び込みます
ピラカワ2

お休みのときもピラカンサでした
ピラカワ3

天辺にも止まります
ピラカワ4

木道から空を見上げて 背景の池も綺麗です
ピラカワ5
2011
10/28
柿にメジロ
柿の実が大分赤くなってきました。少し開けたところへ行くと、葉は落ちて
赤い実だけが見られ、綺麗な風景になっています。街中の柿の木はまだ葉が
落ちていず、ちょっと煩わしいですね。

柿の木に来たメジロ
柿とメジロ1

メジロは柿が大好きです
柿とメジロ2

舌をうまく使って柿の実を取ります
柿とメジロ3

舌先に着いた柿の実
柿とメジロ4

場所を変えて
柿とメジロ5
2011
10/26
カモメが魚を獲えて
カモメは海の鳥だと思っていましたが、川にもいました。3羽が仲良く
飛んでいましたが、そのうちの1羽が魚を獲えました。仲良く見えた
3羽で取り合いです。

3羽が仲良く飛んでいます
カモメ1

魚を見つけたようです
カモメ2

ナイスキャッチ
カモメ3

隣のカモメが横取りしそうです
カモメ4

逃げ切れるでしょうか
カモメ5
2011
10/25
ミサゴが魚を獲えて
川に飛び込み、大きな魚をキャッチするミサゴが見たくて出かけたのですが、
遥か遠くで獲えたのを一度だけ見ることができました。小さくしか写りません。
間近かで見たく、また出かけてみたいと思います。

かなり上空から魚を探します
寒川ミサゴ10002

何回もホバッていました
寒川ミサゴ2B

飛び込み体制に入ります
寒川ミサゴ30002

遠く過ぎて小さくしか写りませんでした
寒川ミサゴ2(10-20)

魚は獲らえているようです
寒川ミサゴ3(10-20)

木々の緑を背景に飛び去ります
寒川ミサゴ4(10-20)
2011
10/23
公園の小鳥たち
広くて高い木々が並ぶ公園では、いろいろな小鳥に出会うことができました。
コジュケイの若鳥を見た場所から少し移動すると、エゾビタキなどがよく
群れていました。

キビタキの雄 コジュケイと同じところでした
キビタキ

エゾビタキが高いところに止まり、バックが空になりました
エゾビタキ1

エゾビタキも木の実が好きです
エゾビタキ2

胸の縦縞がありません コサメビタキかサメビタキなら嬉しいのですが
何の鳥1

目の周りの白が可愛いです
何の鳥2
2011
10/22
コジュケイの若鳥
コジュケイは時々目にしますが、若鳥は初めてです。すぐ近くに現れてくれ、
望遠レンズでは1羽を入れるのがやっとでした。親鳥は頬から喉にかけての
赤褐色が鮮やかですが、若鳥はまだこの色は出ていませんでした。でも元気
そのものです。

親鳥のオレンジ色は綺麗です
コジュケイ1

体の大きさは親鳥と同じです
コジュケイ2

元気な顔つきです
コジュケイ3

羽ばたいて
コジュケイ4

同じところにガビチョウが出てきました
ガビチョウ1

ガビチョウはコジュケイと仲良しでした
ガビチョウ2
2011
10/20
アカハラダカ
今季、伊良湖岬で思ってもいなかったアカハラダカを見ることができました。
朝鮮半島から中国大陸にかけて繁殖し東南アジアで越冬する体長30cmの小型のタカで日本では旅鳥。
春秋の渡りの時に九州西部や南西諸島で多数見られるが本州では数が少ない。
今季、台風の影響での進路変更か他の理由であったのか伊良湖岬では例年に比べると非常に多くのアカハラダカが通過しました。成鳥は翼の先が黒く雨覆下面は無班なのが特徴。

オス
名前の由来である腹の赤み(赤褐色)は♀に比べるとうすく虹彩は暗赤色
アカハラダカ①

アカハラダカ②

メス
腹に赤みがあり虹彩は黄色
アカハラダカ③

アカハラダカ④

幼鳥
胸には縦班があり、腹には横縞があり、虹彩は黄色
アカハラダカ⑤

アカハラダカ⑥
2011
10/16
ハチクマ その4
二度目の伊良湖岬(10月12日)。
この日は朝からもやっとしていて視界不良でしたが、2羽、3羽を画面に収めることができました。

ハチクマ①

3羽画面に入ったのですが後姿なのが残念
ハチクマ②

ハチクマ③

青空になり、しかも、上空を何度が旋回しましたが、もやっとした感じでシャープではない
ハチクマ④

ハチクマ⑤

ハチクマ⑥
2011
10/15
コスモスとアゲハチョウ
コスノビはチャンスが少なく、難しいですが、コスモスとチョウは散歩中に
見ることができます。カメラを持って散歩しているときに撮りました。

コスモスに近づいて
コスモスとアゲハチョウ1

チョウも重いでしょうか、花が少し沈みます
コスモスとアゲハチョウ2

場所を変えて
コスモスとアゲハチョウ3

彼岸花とアゲハチョウ
彼岸花とアゲハチョウ
2011
10/14
秋の花とノビタキ
コスモスに止まるノビタキを見に行ったのですが、ノビタキは色々な花に止まって
くれました。公園で秋に咲く、黄色や赤紫そしてオレンジぽい花の間を行き来していました。
花だけでも綺麗ですが、ノビタキが止まると、カメラマンの注目を浴びます。

黄色い菊とノビタキ
菊とノビタキ2

コスモスに比べて安定して止まれます
菊とノビタキ1

ノビタキは色々な花が好きです
紫花ノビ1

飛び出して
紫花ノビ2

遠くのこの花には一度だけでした
オレンジ花ノビ
2011
10/13
花とノビタキ
今年は天候不順や台風の影響で、例年のような鳥撮りが楽しめませんでした。
コスモスとノビタキでも、チャンスがすごく制限され、いい組み合わせは
一瞬のことであったように思います。

コスモスにノビタキ 一瞬のチャンスでした
コスノビA

コスモスは多くの人に人気があり、ノビタキは滅多に近寄りませんコスノビB

アカソバが混じっていて、綺麗です
ソバノビA

ノビタキはアカソバも好きなようです
ソバノビB
2011
10/11
オナガの戯れ
オナガが数羽群れていましたが、その恰好が、ただ飛んでいるということでなく、
戯れているように見えました。あるいはオナガはダンスが得意かもしれません。
飛び方にユーモアがありました。

1羽だけのオナガ
オナガ1

木の天辺で
オナガ2

飛び方がユニークです
オナガ3

仲良くダンスです
オナガ4

いろいろな戯れ方をしていました
オナガ5
2011
10/09
ハチクマ その3
ハチクマを白樺峠で見てから約10日、今度は初めて伊良湖岬で見てきました。
白樺峠ほど数は飛びませんが近くを飛ぶこともあり撮影する立場では楽しみの多い所でした。

ハチクマ①

ハチクマ②

ハチクマ③

ハチクマ④

ハチクマ⑤

ハチクマ⑥
2011
10/08
カワセミの飛び込み
カワセミが魚を狙って飛び込む姿を撮るのが好きです。でも、どこへ飛び込むのかが
予測できず、失敗が多いです。跳ね上がった水飛沫に囲まれたカワセミは格好いいです。

魚を探して 背景が綺麗です
カワセミ1

魚が見つからないのでしょうか 姿勢をよく変えます
カワセミ2

飛び出して
カワセミ3

水飛沫をあげての飛び込みです
カワセミ4

何度かの飛び込みで魚をゲット
カワセミ5
2011
10/07
オホーツクの海鳥 エトピリカ
エトピリカは、北の大地から、更に船に乗らないと見れないようです。
一度、姿を見ておきたいと、都市公園まで出かけてきました。鮮やかな飾り羽と
美しい嘴が特徴のようです。

初めて見たエトピリカ
エトピリカ1

羽ばたいて
エトピリカ2

季節の変わり目でしょうか、冬羽のエトピリカもいました
エトピリカ3

水中で泳いでいる姿を目にすることができました
エトピリカ4

深く潜っていきます
エトピリカ5

綺麗な嘴と鮮やかな飾り羽は水中でも見ることができました
エトピリカ6
2011
10/05
秋の使者エゾビタキ
エゾビタキは秋の初めを知らせる鳥でしょうか。猛暑を過ぎた今頃、多くの
フィールドで見られるようです。目の周りが白く、キビタキのメスやコサメビタキと
似ているところもありますね。

水場に近づいてきました
エゾビタキ1

メジロやシジュウガラと仲良しです
エゾビタキ2

2羽になって
エゾビタキ3

仲間が増えてきました
エゾビタキ4

メジロのように激しくは水浴びしないようです
エゾビタキ5
2011
10/04
キビタキの雌が水場へ
キビタキの雌はよく姿を現してくれましたが、雄は見ることができませんでした。
他のフィールドでも、キビタキは雌の方が先に姿を現すようですが、不思議ですね。
雌の方が可愛くて人気があるとも言えそうです。

いきなり姿を現して
キビメス1

目の周りが白くて、可愛いです
キビメス2

姿勢を正しての水浴びです
キビメス3

気持ちよさそうですね
キビメス4
2011
10/03
メジロの水浴び
なかなか姿を現さなかったメジロも、お昼過ぎから1羽、2羽と水浴びに来ました。
跳ね上げられた水が光に輝いて綺麗に見えます。

ようやく姿を現して
メジロ1

2羽が並んで
メジロ2

すぐに水浴びです
メジロ3

仲間が増えてきました
メジロ4

水場を独占です
メジロ5
2011
10/01
タカ柱 白樺峠9月24日
9月24日、白樺峠ではサシバ4597羽、ハチクマ458羽など今季一番の渡りの数を記録ししました。
念願のタカ柱も何度も見ることができました。山の稜線から次から次へと姿を現し上昇気流をとらえ旋回し南に流れる様は圧巻でした。山の斜面でも沢山のタカが群れ飛ぶ姿も見ることができました。

タカ柱①

タカ柱②

タカ柱③

タカ柱④

タカ柱⑤

タカ柱⑥
2011
10/01
ハチクマ その2
再度、白樺峠でハチクマを見てきました。

ハチクマ①

ハチクマ②

ハチクマ③

ハチクマ④

ハチクマ⑤

ハチクマ⑥

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。