Birderから

Birder仲間のブログです

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008
09/30
二回目のコスノビ
6時前から探したのですが、なかなか見つけることが出来ず、一緒に居た知人が見つけてくれました。
この日は1時間ぐらいしか花畑に居てくれましたが、7時前には空高く飛び去ってしまいました。

コスノビ

コスノビ

雑草の上ですが、お気に入りのノートリ画像です。
コスノビ

コスノビ
スポンサーサイト
2008
09/30
コスモスにノビタキ
昨年はコスモス畑では会えなかったノビタキに、今年はやっと会えました。

ノビタキ

ノビタキ



ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ
2008
09/28
田圃のノビタキ
コスモス畑から田圃に移動したノビちゃんは、美味しそうな昆虫や飛んでいる虫を食べていました。

田圃の草地で大きな虫を捕まえたノビタキ、こんなご馳走があればコスモスには戻らないわけですねー
nobitaki

何匹か飲み込んで、少々メタボ気味なお腹をしているような?
メタボノビ

田圃の上の杭から右上の虫を目がけて飛び出しです。
飛び出し

この画像は、上下の画像と連動しているものではありません、秒間8コマでも撮れませんので差し込みました。
上昇

見事にキャッチしてます。
キャッチ

左旋回で、杭に戻ろうとしている所です。
DSC_8099.jpg
2008
09/27
コスモス畑のノビタキ
コスノビに会いたくて、行ってみました。
満開の花園に、一番だけでしたが人出が多くなってきた8時半頃まで楽しませてくれました。

オスの名残が目元に残っていました。
ノビタキ
見返り美男子のはずでしたが、画像が崩れてしまいました。
ノビタキ♂
雑草の上ですが、メスが止まってくれました。
ノビタキ♀
可愛い仕草で、良い所に止まってくれました。
ノビタキ♀
2008
09/25
渡り遠征(前)
天気予報を見ながら数が出ると信じ、真夜中の出発も夜明けとともに峠に到着、場所を確保した頃には霧が出ていたが、晴れの兆候、申し分無しと期待したが、タカより人の数が多かったかも?
お昼近くの集計では378名とのことだった。  23日は飛ばない特異日だったとは・・・

DSC_7671.jpg

朝のうちに飛んでくれたハチクマ♂
DSC_7309.jpg

大集団で現れたハリオアマツバメ、タカ柱に替わってツバメ柱を作ってくれました。
ハリオアマツバメ

ハチクマ大トリミングで、目が出ました。
ハチクマ

首だけが黒いハチクマの若でしょうか、模様に個体差があるようです。
ハチクマ
2008
09/21
公園の鳥たち。
久しぶりの公園は、カワセミ狙いの大砲で賑わっていました。

カワセミの姿はなく、オシドリが目の前を横切ってくれました。昨年居た幼鳥がこんなにも成長したのだろうか、嬉しい出逢いだ。
オシドリ

ツツドリを探していたら、枝に飛び乗ってくれました。水辺とは違った雰囲気が・・・
キセキレイ

灌木の中に居ました。暗くて補正強です、少し若いようです。
ツツドリ

同じ固体です。横斑がノド元まで見えてます。
ツツドリ

Mさんご夫妻から教えていただき、今日の本命としたツツドリ赤色型!苦労しましたが、撮ることができました。
ツツドリ赤色型

二度だけの出逢いでしたが、姿を見ることが出来ただけでも嬉しいことでした。餌取の回数も多くは無いので、渡りが近いのかもしれません。
ツツドリ赤色型

2008
09/19
鳴かぬなら・・・不如帰
地元の湖畔の桜の木に、周辺で托卵しているホトトギスが顔を出すようです。
カラスや猛禽がいるので、神経質になっており毛虫を2・3匹食べては奥の林の中に入ってしまいます。

エナガが集団で時折廻ってきます。
エナガ

この日は暑かったので、口を開けて喘いでいました。300mm手持ちでしたのでピンボケです。
ホトトギス

朝日に照らされていますが、ツツドリに比べると、虹彩の色が出にくく黒目が大きく見えるのが、ホトトギスの特徴の一つになると思うのですが、いかがでしょうか?
ホトトギス
2008
09/16
初撮り!
タマムシ(正式名ヤマトタマムシ)7月ごろ一度見たのですが高い所に入られて悔しい思いをしたのですが、枯れ木に産卵している所に出会いました。
感激でした、産卵から早くて2~3年、中にはそれ以上かかって成虫になるのだそうです。それまで木の中でひたすら生きているのだ。 成虫に孵る時に是非とも出会ってみたいものです。

ヤマトタマムシ

光線の当たり具合で、お腹の方まで魅惑的な色合いを見せてくれました。この色は何年経っても色褪せることが無いのだそうです。
ヤマトタマムシ

樹皮との隙間に産卵している
ヤマトタマムシ

2008
09/16
久しぶりのアップです
A公園のツツドリです。
tutudori
葉隠れノビタキ、二羽いました。可愛いですね。
nobitaki
2008
09/15
ワタリの途中!
今年も、A公園へ寄ってくれました。
サンコウチョウ
2008
09/14
お山で会いました。
前日の夕方、後姿を見ただけだったので、早朝に出かけて見ました。
ホオジロぐらいしか見当たらず、諦めて帰ろうとした時木立に1羽が飛び込んだ、ファイダーを覗くとキビタキのメスだ。ヤッパリ居てくれたー!

メスの動きを追っていたら、オス発見!この子は同じ処で頭だけ動かしゆっくりしてくれました。
春以来の久々の再会でした。又来年も来てくれよー!
キビタキ♂
ほんの一瞬だったけど、良い所に止ってくれました。 元気で帰ってねー!
キビタキ♀

子狐が林道の脇から飛び出し、崖の途中まで登ったが、車の中で静かにしていたら又下りてきて、こちらを見ている。随分痩せている単独行動のようだ、親らしき姿はない、この山で狐にあったのは初めてだが、厳しい環境のように思われる、無事にこの冬を乗り切って、春に元気な姿を見せてもらいたいものだ。

子狐
子狐と別れたら、今度は鹿の親子に遭遇。 この子は二年ものぐらいだろうか、しっかりした体格だ。

小鹿
車の中からの撮影と、500mmのままだったので画面一杯になってしまった。鹿もたいした者だ、レンズを向けると木の裏えと移動し、死角を作るのだ。その度車を移動して右往左往「危害は加えませんから、もう少し撮らせてー」最後はお願いでした。 ありがとう!

親子鹿
2008
09/13
初秋の公園。
初秋の公園、気配は少しづつ秋色へと変わりつつあります。

秋色のコサメビタキ
コサメビタキ

サンコウチョウ
後姿ですがなんとか撮る事ができました。
サンコウチョウ
2008
09/13
猛禽の渡りを狙ったが・・・
猛禽の渡りが見られるのではと、峠に行って見ましたが、渡ったのはサシバが一羽だけでした。

ヒタキ類も少なく、賑やかな鳴き声を発しているのは、ソウシチョウだけでした。
藪の中から良い所に出てくれました。
ソウシチョウ
やっと見つけたエゾビタキ、一羽だけであっという間に居なくなってしまいました。例年と様子が違います。

エゾビタキ
コサメビタキもヤマガラやシジュウカラの集団に一羽だけいました。

コサメビタキ幼鳥
エゾビタキと交代で、現れてくれました。メスの幼鳥なのだろうか?お腹の色が薄いように見えるが・・・

オオルリ♀
一直線に、飛んで行ってしまった。 サシバの幼鳥の模様が覗えます。

サシバ
2008
09/12
時期遅れの田圃には・・・
まだ見ぬツルシギを求めて行ってみたが、カメラマンは誰も居ずお目当ての鳥さんも居なかった。
数種類の水鳥たちが、少なくなった水面で餌を啄んでいました。


DSC_6342.jpg

オグロシギの幼鳥だろうか、雌雄で近くまで来てくれました。

オグロシギ

タカブシギ数羽で忙しそうに動き回っていたが、時折上空を気にかける仕草は、オオタカを警戒しているのかな、草地の中で片足で跳ねて移動している鳥が居たが、もしかしたらオオタカに襲われて怪我をしたコキアシシギなのだろうか?遠くて確認は出来なかったが・・・

タカブシギ

タカブシギとコアオアシシギの飛び出し、偶然入っていた。
タカビシギ

タシギも雌雄で居る所が見れました。
タシギ
2008
09/11
エゾ&サンコウチョウ
今シーズン初撮りです。

エゾビタキ
エゾビタキ

サンコウチョウ
相変わらず動きが早く、ピントの合ったものは後ろを向いたこのワンショットだけでした。
サンコウチョウ
2008
09/10
田んぼの水鳥
一瞬で飛んで行きました。 ツルシギ

ツリシギ

メダイチドリも!

メダイチドリ

2008
09/09
マクロレンズにて
ネコジャラシに小さな昆虫がいましたが、ショウリョウバッタの幼虫なのだろうか?

DSC_6107.jpg
オオシオカラトンボ、去り行く夏を惜しんでいるのか・・・

DSC_6116.jpg
キバナコスモスの蜜を吸う、キタテハ

DSC_6127.jpg
クマバチの羽が、太陽の光を受け重厚な輝きを放っていた。

DSC_6129.jpg
小さな花に、小さな虫が・・・

DSC_6145.jpg
2008
09/05
お山には・・・
久しぶりに、峠に行って見ましたが出会ったのは密猟のおじいさん二人組み、紅葉マークを張った大宮ナンバーの車が不自然な所に駐車していた。きのこ狩りでもしているのかな?と思いながら鹿が餌場にしているポイントに向かったが、鹿は見えず梢の方で鳥が飛び交っているのが見えた。
オオルリの若だった。


オオルリ若

オオルリ若
オオルリが飛び去ってから、遥か前方の小高い山肌に、白いものが動いた。カメラで覗くと山仕事の人かと思っていたら、こちらに戻ってきているようだ。
笑いながら近づいてきた、見ると大きな風呂敷包みの鳥かごを持っている、中にはヒガラが一羽入っていた。装備と車の止め方からして、長年密猟をやってきた年期の入った二人組みのようだ、春先は密猟が多くオオルリなど狙われるのだが、この季節も入るとは困ったものだ。


<a href="http://blog-imgs-30.fc2.com/b/i/r/birder048/DSC_6061.jpg" target="_blank">密猟者
密猟者が帰ったので、安心したのか鳥たちの囀りが聞こえてきてヤマガラ・シジュウカラに混じりキビタキの若が出てきてくれました。


キビタキ若

キビタキ若
2008
09/04
シベリアオオハシシギ
のび延びになっていた、シベリアオオハシシギ を撮りに行ってきました。
あまり近くまでは来てくれませんでしたので、いずれも大幅にトリミングしました。
moriさん、お世話になりました、やはり車の方が良いですね。

お澄ましのシベリアオオハシシギさん。
おすましシベリアさん
アオアシシギ&シベリアオオハシシギ
アオアシ&シベリア
浅瀬でのんびり毛繕い
毛づくろい
2008
09/02
近場のセイタカさん
Yさん、Mさん、お世話になりました。
こんな近場に セイタカ さん がいるなんて、ビックリ!
しかも八羽、かなり遠かったんですが、一羽だけ近くまで挨拶に来てくれました。
近場のセイタカさん
2008
09/01
セイタカシギ
ご無沙汰しております。
今日はセイタカシギを撮りに行ってきました。
誰かが「水辺の貴婦人」と称しておりましたが、その気品は正に貴婦人そのものですね。

セイタカ四兄弟ですかね。
ファミリー
若様、直立不動。
若2
同一固体です。
若
立派な成鳥です。調査用ですかね、足環がついていますね。
成鳥

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。