Birderから

Birder仲間のブログです

 

 

[Admin]
2008
06/30
遠征パート3
今回、縦位置での撮影を多くしてみました。より遠くを撮り奥行きのある絵作りを狙ったのですが、未熟でした・・・

半逆光だったのですが、近くに来てくれたので、バックのツツジの山が空抜けを防いでくれました。
nobitaki♀

ホオアカ良い所に止ってくれました。前ボケ気味の花とバックのボケでお気に入りのカットです。

hooaka

ビンズイも縦位置でしたが、正面向きすぎです。

binnzui

飛び出し二呼吸遅れました。秒間8コマでも、遅れたら役に立ちませんは。
nobitaki

湿原の木道から見下ろすツツジの上に子育て中のノビタキが止り、奥には小さなせせらぎがキラキラ光りながら流れて、絶好の奥行きのある構図だったのだが、結果は陽炎のせいにします。

nobitaki♂
2008
06/29
高原のノビタキ
満開のレンゲツツジ、ノビ君、お花に埋もれてしまいました。
ノビタキ5

尾っぽが隠れてしまいました。
ノビタキ4

此処は花の数が少なかったですが、むしろこの位のバランスの方が良いかな?
ノビタキ3

一週前の高原です。
開花のタイミングが分からず、少し早すぎてしまいました。太陽が真上で、眼なしになってしまいました。
ノビタキ2

開花のタイミングを合わせるのが、難しいですね。天候との兼ね合いですので。
ノビタキ1
2008
06/29
遠征パート2
鳥の種類は限られていますが、舞台によっては一味違った表情がありました。
時期的に最良の時を逃してはと、ゴロ石や川のような悪路を歩き回りました。
この止り方スキです、寂しい木もバックの花で救われました。
ノビ君

満開だと花に埋もれていたのかな?子育て真っ最中のお母さんが朝日に輝いていました。

ノビ子ちゃん

ビンズイがお相手募集中なのか、いい声で盛んに囀っていました。

ビンズイ

ホオアカ君目線の下に居ました。昨夜の雨の雫が花を潤していますが、朝日が強すぎました。

ホオアカ

ビンズイを撮っていたら、ノビ君が飛んできてくれました。 仲良く見返り・・・でーす。

仲良きことは美しきかな

2008
06/28
遠征パート1
梅雨の晴れ間を狙って、レンゲツツジの高原に行ってきました。
雨の後の空気は澄みわたり、山一面に咲き誇る光景に感謝!
朝の光を浴びて、ノビタキが飛び交っていました。
ノビタキ

目の前をカッコウが飛び、遠くの茂みに飛び込んだので、カメラを向けると飛び出した。
追いかけられているようだが・・・
カッコウとノビ君

抜けた所に出てくれた、追っているのは雄のノビタキが2羽、托卵されるのを拒み、撃退しているようだ、2羽で連携して追い払う協力体制に感服!

カッコウとノビ君X2

そんなノビタキの世界とは違うのか、ホオアカはお花の上で、マッタリモード?

ホオアカ

ビンズイいい声で囀り、花も鳥も、輝いていました。

ビンズイ

2008
06/26
キバシリ
高原のキバシリです(SAI)

キバシリ


キバシリ


キバシリ


キバシリ
2008
06/25
ハジロカイツブリ
三番瀬のハジロカイツブリ夏羽です。(シン)

ハジロカイツブリ
2008
06/23
アカショウビン
6月中旬のアカショウビンです(SAI)


アカショウビン


アカショウビン


アカショウビン


アカショウビン


アカショウビン
2008
06/21
アカショウビン
6月中旬のアカショウビンです(SAI)

アカショウビン


アカショウビン




アカショウビン


アカショウビン


アカショウビン


アカショウビン


アカショウビン
2008
06/20
アカショウビン
6月中旬のアカショウビンです(SAI)

アカショウビン


アカショウビン


アカショウビン


アカショウビン


アカショウビン



2008
06/20
チョッと田舎でー2
トキソウとサワランの自生地に案内してもらいました。大変な努力でこのような可憐な花が咲くことが出来ているようです。

トキソウとサワラン

この湿原でもノジコに会うことが出来ました。今年はノジコの豊作です。

ノジコ

帰りは日本海側を通って、イソヒヨドリ良い所に止ってくれたのですが、陽炎のせいにしてくださいピンアマです。

イソヒヨドリ

餌渡しの後、メスのハヤブサに近すぎると、一括されてしまいました。雛の声など聞こえませんでしたので、まだ小さいのでしょうか。

ハヤブサ

役目が済んだのか、羽繕いなどしてました。昨年の雛を撮ったのが7月中旬でしたので、早すぎたようですが、場所によっては違いがあるものですね。

ハヤブサ♂
2008
06/20
チョッと田舎で
山頂は冷たい強風が吹いていたが、唯一姿を見せてくれたアオジくん、力いっぱい囀っていました。

アオジ

里では、サシバが田圃の奥の用水池の杭の上にたたずんでいた。車で通過してから数コマ撮ったが飛ばれてしまった。

サシバ

しばらくすると、上空を旋回しながら飛んでくれたので、間近で見ることが出来ました。昨年の白樺峠より近かったです。

サシバ

オスにしては眉斑の白がハッキリしすぎのようですが、個体差があるのでしょう。テリトリーに他の鳥が入ってくると盛んに追い出しに向かう為か、左翼の羽が抜けてます。

サシバ

帰り支度をしていると、けたたましい鳴き声に上空を見ると、ミサゴがホバリングをしながら、飛んできました。近くには川がありますが、内陸部で見れるとは嬉しい出遭いでした。

ミサゴ
2008
06/17
折々の出会い!
今年のマミジロ (シン)
マミジロ


サンコウチョウ! 今年も来てくれました。
サンコウチョウ


シロハラトウゾクカモメ
日にちは前後しますが、5月14日(午前中)雨の中、南畑の
田んぼにいました。専門家にお聞きすると内陸部で見られるのは
珍しいとのことでした。
シロハラトウネンカモメ


オグロシギ
(5月18日)13時ごろ富士見高校西側田んぼにいました。
大久保A’から飛んできたのでしょうか?
オグロシギ


大久保A’。5月11日(日)2羽いました。(14日)1羽でした。別個体のような気がします
ツバメチドリ
2008
06/17
今年も
今年も、アカショウビンが姿をみせてくれました (SAI)
6月初旬
アカショウビン



アカショウビン


アカショウビン



アカショウビン



アカショウビン



アカショウビン


アカショウビン


2008
06/16
オオアカゲラの巣立ち
オオアカゲラが巣立った日(2008年6月4日)

4時45分頃カメラをセットして見ると、直ぐに雛が巣穴から顔を出していて待つこと数分で
♂が何時ものように巣穴から1m位下に止まり徐々に 上ってゆき巣穴に到着。
この時♂が餌を持っていたか持っていなかったか不明。この時は薄暗く
条件も良くないのでシャッター押さず。
単に巣立ちを促しに来たようにも思えた。
もう少し前からシャッターを押しておけば良かった。

4時52分16秒…単に舌を差し込んでいるだけのようにも見える。  4時52分17秒
オオアカゲラA



オオアカゲラ1



4時52分17秒…この後♂は左側に飛び去る。
オオアカゲラ2



4時52分27秒…♂が飛び去った後あたりを見渡す
オオアカゲラ3



4時52分28秒…大きく身を乗り出し左下に飛び出す。
このまま10数m下の水芭蕉の湿原に降りる。 
オオアカゲラ4


ISO 1600 F5.6 SS 1/100秒 では何だか分からないが雛
オオアカゲラ5
2008
06/16
オオアカゲラの巣立ち 2
6時3分…巣立ち1時間10分後、巣立ち後は湿原の中で親を
呼んでいるのか鳴き続けていて時々木にもよじ登ったり。

オオアカゲラ6


オオアカゲラ7

この後の様子は余り変化がなかったので、本命のアカショウビンを探しに移動。


13時54分…巣立ち9時間後、親鳥の声を聞いて、足と尾羽でしっかりと保持しながら
見えるところに上がってきた
オオアカゲラ8


オオアカゲラ9



13時54分…♂が餌を運んできてこの木の裏側で給餌。
オオアカゲラ10



オオアカゲラ11


14時4分…時には木を突いていて逞しさを感じる。
オオアカゲラ12


オオアカゲラ13
2008
06/16
オオアカゲラの巣立ち 3

14時30分…伸びも。
オオアカゲラ14


オオアカゲラ15




14時34分…飛ぶ練習も。
オオアカゲラ16



オオアカゲラ



15時59分25秒…また♂が餌を運んできた。巣立ち後の給餌は数回確認した範囲では♂のみ。
オオアカゲラ



オオアカゲラ
2008
06/16
オオアカゲラの巣立ち 4

15時59分33秒
オオアカゲラ



オオアカゲラ


15時59分34秒
オオアカゲラ


オオアカゲラ



15時59分36秒…♂はこの後すぐに飛び去る。
オオアカゲラ


この給餌を見てオオアカゲラの観察は終了。
オオアカゲラ


2008
06/14
今期のコマドリ
今期は、昨年ほどコマドリに会えませんでしたが、最高の囀りを聞かせてくれました(SAI)

コマドリ



コマドリ


コマドリ

2008
06/12
火の鳥に
今年も幸運にも会うことが出来ました。 早朝で暗い中SSが上がらずブレ量産でしたが、同行の三人とバーダーご夫妻だけの、出遭いでした。

アカショウビン

カエルや魚を咥えているところは見ますが、ネズミを食べるとは驚嘆でした。一撃で突き刺して戻ってきました。その後長い時間を費やし偶然かな頭は千切れてしまいましたが、飲み込みました。
アカショウビン

これは木彫りです。焦点距離限界に置いてみました。 なんて!サプライズでした。
アカショウビン

並んだ唯一のチャンスでしたが、離れすぎでした。欲張って中間をと、両ピンアマでしたバタッ!
ペアー
2008
06/10
深緑の中で
キビタキの若なのか、お相手が見つからず寂しそうに囀る直ぐ傍で、アカゲラが子育てしていた。

キビタキ

暗くて生憎の条件でしたが、確実に現れるので置きピンで狙ってみました。巣穴より少し後ろでした。

アカゲラ

飛び出しは、少し前にピント合わせて狙い通りの方向に飛んでくれましたが、如何せん秒間5コマでは、
アカゲラ

追いかけて連射した中では、これが精一杯かな。
アカゲラ

アカゲラさん、水平飛行してくれませんね、画面上ギリギリに入ってましたが、ブレブレでした。
アカゲラ

2008
06/08
巣立ち
朝一番で、オオアカゲラの雛が餌をもらうところと待ち構えていたら、直ぐに来てくれたのですが、SSが上がらずブレブレですが・・・
給餌が終わり、次の機会をと思っていたのですが、突然雛が巣穴から飛び出してしまいました。
予想だにしなかった動きに何方も反応できず、アレレー!

オオアカゲラ

下の草地に飛び降りた雛は、午後になって、低い枯れ木に登って親鳥を呼んでいました。未だ短い尾羽をしっかり支えに使っていました。
雛

頭頂部が、薄っすらと色づいています。伸びなどの仕草も可愛く見えました。
雛
2008
06/06
去年も同じ日に訪れていた。
梅雨入りに半ば諦めていたのですが、天気予報のお日様マークにつられ、急な遠征となりました。
薄暗いうちから、ホトトギスの囀りを皮切りに、フクロウの鳴き声まで聞けるとは、まさに野鳥の宝庫でした。

去年は見ることが出来なかった、ノジコ。現地で逢った友人がアオジだねと、ファインダーを覗いたら目に白いリングが、2コマだけ獲れました。出会った鳥はこれからは写しておくべきですね。 初撮りでした。
ノジコ

キバシリ、抜けた所に行ってくれました。
キバシリ


アカゲラが子育て奔走中でした。6箇所ほどで、子育て中でした、豊かな自然の証明でしょうか。
アカゲラ

ゴジュウガラも子育て中、二箇所が目に入りました。

ゴジュウガラ

突然現れたノスリ、草の中に飛び込んでネズミを捕らえて食べた後、辺りを窺っています。この後又ネズミを捕まえて食べました。

ノスリ
2008
06/02
ハヤブサ
5月27日、ハヤブサを見てきました。
10日前は2羽居た雛も何故か1羽しか居ませんでした。
白い産毛も完全に抜けて逞しくなり盛んに動き回り巣立ち間近。
親鳥は近くで監視、餌を運んでいました。

ハヤブサ



ハヤブサ


ハヤブサ



ハヤブサ



ハヤブサ


2008
06/02
灯台元暗し
久しぶりの快晴に、お山の空気が気持ちよいだろうと行って見ましたが、鳥さんたちの出は良くありませんでした。
今日はハズレターと気落ちしながら家に着くと、近所の人たちが植木鉢の南天にメジロが巣を作って雛が孵っているよと集まっているではありませんか、朝夕の水やりをしていながら、全然気が付きませんでした。数年前、ツバメが巣を作ったのが始まりで、カラスに襲われた後は、キジバトのベランダでの営巣が続きましたが、汚れのひどさに今年は遠慮してもらったのですが、代わりにメジロが営巣してくれるとは、余程鳥さんと縁があるようです。成長の経過報告できるとよいのですが・・・


オオルリ一羽だけ鳴いていましたが、朝は逆光なんです。
オオルリ


ジュウイチ一度だけ近くに来てくれましたが、やはり枝の中でした。
ジュウイチ


南天の枝にこんな巣材で作っていました。
メジロ


蜘蛛がご馳走でした。
メジロ

夕方は気温が下がってきたのでしょうか、優しく暖めていました。
メジロ
2008
06/01
再びアジサシに挑戦!
近くまで来てくれました。
コアジサシ①

小魚ゲット。
コアジサシ②

抱卵かな?。
コアジサシ③

クロハラアジサシ。
クロハラアジサシ①

クロハラアジサシ、小魚ゲット成功。
クロハラアジサシ-2
2008
06/01
子育て 2
オオアカゲラの雛が顔を出すようになりましたが、同時には1羽しか見ることができず。

巣立ちも間近かもしれません。

アカゲラも盛んに餌を運んでいましたが雛の顔は見ることできずでした

アカハラ


アカハラ


アカハラ


アカハラ


アカハラ


アカハラ


アカハラ

 » HOME »